logologo
ローコスト住宅研究メディア【ローケン】 » 鳥取でローコスト住宅が建てられるハウスビルダー

鳥取でローコスト住宅が
建てられるハウスビルダー

鳥取県のエリア別にローコスト住宅の施工を手がけている工務店・ハウスメーカーをまとめています。家を建てたいエリアにどんな会社があるのか、ぜひチェックしてみてくださいね。

鳥取のローコスト住宅
ハウスビルダー

鳥取県の面積は他県に比べて小さく、人口もそこまで多くありません。そのため、都心のように限られたスペースで隣家との距離も近い家ではなく、ゆったりとしたスペースを確保しやすくなっています。

気になる平均地価は全国でも下位になり、県庁所在地の鳥取市やコンパクトシティとして人が集まっている米子市、倉吉市なども、全国平均に比べて安価です。

鳥取県のエリアごとに、1,000万円台前後から家が建てられるハウスビルダーをまとめています。

米子市

米子市江戸時代の頃から商業を中心に栄えた街です。現在は、昔の町並みを残しつつ、JR米子駅を中心にコンパクトシティとして発展しています。

米子市では移住者支援として家具家電付きのお試し住宅が借りられます。市外や他県からの移住を考えている場合、住みやすさや家の建築場所をじっくりと探せます。

米子市内でローコスト住宅が建てられる
ハウスビルダーをチェック

鳥取の気候、風土と家づくり

豪雪地帯に合わせた対策が必要

比較的温暖な気候で、春や秋は天気が良い日が多いみられますが、冬は曇りや雨、雪の日が多くなります。台風による自然災害の被害は少ないですが、県全体が日本海側気候に属するため豪雪地帯となっており、特に山間部の雪は深いです。

東部に行くほど降雪・積雪と多くなり、西部の沿岸部は比較的積雪が少ないです。とはいえ、気圧配置の影響で沿岸部も内陸部以上に雪が降ることもあります。内陸部では大山周辺の冷え込みが厳しいです。どのエリアに住むとしても、しっかりした雪害対策や断熱構造は必要です。

また、エリアによって若干の違いがあり、日照時間は中部と西部の方が長く、西部は梅雨に東部は冬に降水量が多くなります。そのため、それぞれのエリアに合わせた雨や雪の対策が必要です。

自然を守る活動や移住希望者への積極的な支援

鳥取県では、「とっとり住まいる支援事業」として鳥取県産材を使った家づくりを推奨しています。鳥取県産材を使うことで、間伐などの森林整備が進み森林を守ることになり、地場の林業や木材産業、住宅関連産業などの活性化に繋がります。また、輸送過程における二酸化炭素の量を減らすなど環境にも優しい取り組みです。

また、県外から鳥取県への移住を考えている方向けに、数日から数か月間のお試し住宅を支援しています。実際に住むことで、その土地との相性がわかり、家を建てた後の生活がイメージしやすくなります。各市区役所に問い合わせてみるといいでしょう。

ローコスト住宅のバナー