logologo
ローコスト住宅研究メディア【ローケン】 » 沖縄でローコスト住宅が建てられるハウスビルダー

沖縄でローコスト住宅が建てられるハウスビルダー

沖縄のエリア別にローコスト住宅の施工を手がけている工務店・ハウスメーカーをまとめています。家を建てたいエリアにどんな会社があるのか、ぜひチェックしてみてくださいね。

沖縄のローコスト住宅
ハウスビルダー

沖縄県は亜熱帯気候に属しているので、高温多湿な地域です。暑さ対策、湿度対策を講じる必要があるでしょう。ここでは、沖縄県のエリアごとに、1,000万円台前後から家が建てられるハウスビルダーをまとめています。また、観光地としてのイメージが強い沖縄県で、ローコスト住宅を建てるならどうすれば良いのか、詳しく解説していきます。

沖縄市

沖縄市内でローコスト住宅が建てられる
ハウスビルダーをチェック

那覇市

那覇市内でローコスト住宅が建てられる
ハウスビルダーをチェック

沖縄の気候、風土と家づくり

ここでは、沖縄県の気候や風土と、家づくりで気をつけたいポイントを解説しています。沖縄県内でローコスト住宅を建築するなら以下の点を踏まえて家づくりをしましょう。

夏の日差しを遮る工夫が必要

沖縄県は、最高気温が35℃を超える日もあり、日差しをコントロールする家づくりが大切です。夏季の西日が差し込まないように、日差しを遮る空間をデザインしましょう。夏の高い日差しを遮り、冬の日差しを取り入れる位置に窓を配置することが大切で、シミュレーションなどで太陽の動きを予測する必要があります。

木造住宅でコストを抑える

沖縄県は台風が通過する頻度が高いため、RC造が一般的です。とはいえ、RC造はコストがかさむもの。近年では沖縄県内でも木造住宅が増えてきています。従来よりも強度が増しているので、木造住宅でコストを抑えるのも一つの手です。また、沖縄県では湿度が高いため、木造住宅なら木材による調湿効果も期待できるでしょう。

横からの力に強い家づくりをする

沖縄県は、風害が多いことから、横からの力に強い家づくりをする必要があります。力を分散させる基礎構造や、引き抜きの力に強い接合金具を採用するなど、強度を高めましょう。風の威力を弱めるために、防風林を植えるケースもあります。また、シャッターや雨戸といった設備を取り入れて、飛散物で窓ガラスが割れないように対策を講じておく必要があります。飛散防止フィルムを窓に貼ったり、室外機をワイヤーで固定したりと、二次被害を防止するためにも備えておきましょう。

シロアリ被害を防ぐ家づくりが大切

沖縄県は亜熱帯気候に属するため、シロアリ被害が全国でも多い地域です。ベタ基礎を採用して、シロアリの侵入を防ぐ必要があります。また、床高を確保してシロアリ被害を確認しやすい構造にすることも大切です。シロアリの延長保証などが付いているハウスビルダーに依頼するのも選択肢の一つ。長く住める環境を整えましょう。

参照元:沖縄の気候/たびらい(https://www.tabirai.net/sightseeing/okinawa/info/about/weather.aspx)

ローコスト住宅のバナー