logologo
ローコスト住宅研究メディア【ローケン】 » 香川でローコスト住宅が建てられるハウスビルダー

香川でローコスト住宅が建てられるハウスビルダー

香川県のエリア別にローコスト住宅の施工を手がけている工務店・ハウスメーカーをまとめています。家を建てたいエリアにどんな会社があるのか、ぜひチェックしてみてくださいね。

香川県のローコスト住宅ハウスビルダー

四国の東北部に位置する香川県は、面積に対して土地の利用度や人口密度が極めて高いのが特徴です。豊かな讃岐山脈を源泉とした河川が多いですが、降水量は少ないため流れは常に穏やか。

温暖な瀬戸内海気候に属していることから、年間を通して天気の乱れや変動は目立たないと言えるでしょう。しかし、そんな香川県でローコスト住宅を建てる際にはどのような選択肢があるのでしょうか?今回は代表的なハウスビルダーについて、エリアごとに詳しくまとめてみました。

高松市

美しい島々に囲まれ、緑豊かで空気が気持ちよい高松市。JRの駅はもちろん高松空港も利用できるため、市外や県外へのアクセスも良好です。高松港から船に乗っての移動もでき、利便性と島暮らしならではの緩やかな暮らしを両立可能な地域と言えるでしょう。

いっぽうでショッピングモールやスーパーも豊富なので、日常の買い物にも困りません。地域子育て支援コーディネーターも配置されており、お子さんの成長を見守る上で生まれる悩み等も気軽に相談できますから、ファミリーにとっても住みやすい印象を与えます。

高松市内でローコスト住宅が建てられる
ハウスビルダーをチェック

香川県の気候、風土と家づくり

全国で最も小さな県として知られる香川県。しかし前述した通り人口密度は高く、四国の交通拠点ということもあって市外や県外へのアクセスも良好です。四国で唯一自動車と電車、両方で横断可能な瀬戸大橋が存在し、本州に繋がっているのも大きいですね。気候は全体的に温暖なので、ローコスト住宅を検討している方にも住みやすい場所と考えられます。ただし、生活環境はエリアによって多少異なってくるため、移住の際にはよく確認が必要でしょう。

一般的に人気のエリアは高松市や丸亀市、観音寺市周辺。特に高松市は施設の充実度や交通アクセス、教育環境の手厚さなどから支持を集めています。災害も少ない地域ですが、土地を選ぶにあたって気を付けたいのが水害の恐れがないか、地盤の強化は必要か、など。

真夏は蒸し暑い日が続くことも多いですから、断熱性や気密性を高め、快適な家づくりに努めることも大切です。ハザードマップを事前に参照し、ハウスビルダーとしっかり相談を重ねた上でローコスト住宅を選んでくださいね。

ローコスト住宅のバナー