logologo
ローコスト住宅研究メディア【ローケン】 » 東京でローコスト住宅が建てられるハウスビルダー » 足立区のローコスト住宅
ハウスビルダー

足立区のローコスト住宅
ハウスビルダー

ここでは、東京都の足立区でローコスト住宅の施工を手がけている工務店・ハウスメーカーをご紹介しています。

東京都の足立区でローコスト住宅が建てられるハウスビルダー

浅野工務店

浅野工務店公式HP
引用元HP:浅野工務店公式HP
(https://asano-k.co.jp/)

浅野工務店は、足立区に特化しており、施工前からアフターメンテナンスに至るまで一貫で対応しています。OBへの対応に力を入れているので、住み始めてからも長くサポートしてくれます。また、アフターケアを強化したことで、OBからの紹介率は驚異の80%以上(2022年1月1日調査時点)。経年変化した際のリフォーム工事まで依頼可能です。

参照元:足立区教育委員発行資料(https://www.city.adachi.tokyo.jp/documents/17949/0108actionplanhonpen.pdf)
所在地 東京都足立区入谷4-7-18

プレストホーム 足立

プレストホーム 足立公式HP
引用元HP:プレストホーム 足立公式HP
(https://presthome.tokyo/)

プレストホーム 足立は、1坪あたり40~60万円で建築できるハウスビルダーです。ZEHまたはNearly ZEHの建築に力を入れており、HEMSと太陽光発電システムを搭載したZEHの家も提供しています。また、高性能グラスウールや高断熱サッシを標準採用しているため、わずかなオプションでZEH仕様にすることが可能です。

所在地 東京都足立区東伊興3-4-8-1F

ホームトラスト

ホームトラスト公式HP
引用元HP:ホームトラスト公式HP
(https://www.hometrust-kizukuri.com/)

ホームトラストは、東京23区内でオンリーワンのローコスト住宅を建築しています。国産無垢材や和紙などの自然素材を採用しているため、シックハウス症候群の予防対策に繋がるでしょう。また、オール電化やエコキュートを標準装備した省エネ住宅にも対応可能です。

所在地 東京都足立区足立1-33-3

イゾラホーム

イゾラホーム公式HP
引用元HP:イゾラホーム公式HP
(https://www.isolahome.co.jp/)

イゾラホームは、風・森・光をテーマにした3スタイルの注文住宅を提供しています。風は無駄な空間のない住まい、森は開放感のある住まい、光は採光を確保した暖かな住まいです。LIXIL SOLARを設置すれば、自家発電できる住まいを仕上げることもできます。

所在地 埼玉県三郷市戸ヶ崎3-64-2

アイダ設計

アイダ設計公式HP
引用元HP:アイダ設計公式HP
(https://www.aidagroup.co.jp/)

アイダ設計は、一括仕入れでコストを削減している会社です。自社工場でカット加工までして、一棟一棟責任を持って一貫施工しています。また、大工育成プロジェクトを行っており、社員が熟練の棟梁に現場指導を受け、日々技術を磨いているのもポイントです。

所在地 本社:埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-286
足立モデル店:東京都足立区花畑4-2-15

足立区の土地価格相場

足立区 113.7万円/坪

知っておきたい足立区のお役立ち情報

足立区の支援制度や補助制度

足立区では、省エネ機器の設置時に補助金を交付しています。太陽エネルギー発電システムの設置は上限額24万円、太陽熱利用システムの設置は上限10万円を支給しています。また、家庭用燃料電池の設置は5万円、蓄電池やHEMSも上限5万円で設置費用の3分の1の金額が支給されるため、補助金を利用すれば安く導入できるでしょう。

また、省エネ機器の設置以外の住宅に関する補助金は、現在は支給されていません(2022年2月1日調査時点)。少しでも安く建築したいと考えている方は、省エネ機器の補助金を申請してみるのも一つの手です。

足立区の住みやすさと魅力

足立区は乗り換えによく利用される北千住駅があり、6線が乗り入れています。地下鉄・在来線・私鉄に乗り換えが可能です。都心方面だけでなく、千葉や埼玉へもアクセスでき、駅周辺は商業施設や商店街でにぎわっています。

足立区は東京23区内にありながらも、比較的地価が安く、移住者が増えている街です。以前は治安が悪いと言われていましたが、年々刑法犯認知件数が減っており、暮らしやすい街として注目を集めています。また、2021年には東京あだちキャンパスが開設されたことから、子育て世帯からも人気を博しているエリアです。

ママ&パパ必見!足立区の子育てのしやすさ

足立区では、子育て支援として子ども預かり・送迎支援事業を行っています。利用対象者は0~12歳の児童で、自宅やサポーター宅での一時的な預かりや、保育園や学童保育室までの送迎、健診や予防接種のための同行を行っています。利用料はかかりますが土日祝日も利用でき、基本時間は8~18時まで、基本時間外は6~8時並びに18~20時まで対応しています。

足立区の保育所の待機児童数は0名で、第1希望の施設の入所待ち児童数は31名となっています(2021年4月1日調査時点)。2019年時点では待機児童数が123名でしたが、保育定員数が増加したことで、待機児童問題はほとんど解消されている状態です。人気のある保育所に限定しなければ、特に問題なく足立区内の保育所に入所できるでしょう。

参照元:子ども預かり・送迎支援事業/足立区(https://www.city.adachi.tokyo.jp/kodomo-genki/k-kyoiku/kosodate/ichiji-oen-home-s.html)

足立区に住んでいる人の口コミ

ひそかに注目されるエリア

住みたい町(裏?)ランキングで順位を上げている足立区です。特に北千住にはマルイとLUMINEの両方があり、これは新宿・池袋・渋谷と同じということになります。

住宅街は閑静で暮らしやすい街

駅前は大通りですが、道を一本入れば住宅街で静かです。駅からも近く、都内へのアクセスは良いです。埼玉県でも同じ所要時間の物件ならもっと家賃が高いはずです。始発というのも有り難いです。

引用元:スマイティ(https://sumaity.com/town/tokyo/adachi_ku/review/)

都心方面へのアクセスが良い

北千住が最寄りだったので、都心方面(新宿などへは乗り換え必要)へのアクセスは良好。また東武や地下鉄も本数が充実しているし、ほぼ全ての列車がう止まるので移動には困らない。

引用元:スマイティ(https://sumaity.com/town/tokyo/adachi_ku/review/)

グルメも充実していて街並みも良い

北千住駅は、私鉄系、JR、地下鉄、バスのアクセスが充実しております、銀座、六本木や日光、つくば市などに行くのに便利。駅周辺も大学やホテルが増え町並みも下町情緒満載、グルメも充実してきた。千住一丁目から四丁目の散策は最高。(後略)

まとめ

東京都足立区は東京23区では比較的地価が安い部類に入るため、都心までのアクセスを重視するなら足立区内に住宅を建築するのも一つの方法です。足立区は北千住駅のような都心・千葉・埼玉方面に向かいやすい駅があるほか、商業施設や飲食店も充実。若い層も暮らしやすいエリアとなっています。

東京都でローコスト住宅が建てられるハウスビルダー

ローコスト住宅のバナー