logologo
ローコスト住宅研究メディア【ローケン】 » 神奈川でローコスト住宅が建てられるハウスビルダー » 横浜市のローコスト住宅ハウスビルダー

横浜市のローコスト住宅ハウスビルダー

ここでは、神奈川県の横浜市でローコスト住宅の施工を手がけている工務店・ハウスメーカーをご紹介しています。

神奈川県の横浜市でローコスト住宅が建てられるハウスビルダー

エイサイ

エイサイ公式HP
引用元HP:エイサイ公式HP
(http://www.eisai-corp.co.jp/)

エイサイでは、パンフレットは一部手作りをするなど、広告費にお金をかけていません。不要な経費をできるだけ削減して家づくりに反映し、適正価格で住宅づくりを行っています。また、親会社の株式会社大川が自社開発した建築資材を仕入れて、中間マージンを削減しています。

所在地 神奈川県横浜市鶴見区駒岡4-21-13

神奈川建築職人会

神奈川建築職人会公式HP
引用元HP:神奈川建築職人会公式HP
(https://www.shokuninkai.co.jp/)

神奈川建築職人会は、イージーオーダー+を提供しています。企画住宅にプラスアルファができる住宅で、ローコスト住宅でありながらも自分好みの住まいにするためのひと手間を加えられます。ベランダの奥行を45cm広げたり、アイアンの手すりを採用したりと、ワンポイント入れられるのが特徴です。

所在地 神奈川県横浜市瀬谷区橋戸2-2-1

つくみホームズ

つくみホームズ公式HP
引用元HP:つくみホームズ公式HP
(https://www.tukumihomes.jp/)

つくみホームズは、不動産や建築にかかわって40年以上のつくみグループの会社です。今まで横浜と川崎エリアで 5,000棟以上の建築をした実績があります(2022年2月調査時点)。建築ノウハウや広告の削減により、ローコストで建築することが可能です。

所在地 神奈川県横浜市旭区二俣川2丁目13番地27

デックス

デックス公式HP
引用元HP:デックス公式HP
(http://deccs.co.jp/)

デックスは年間200棟以上の施工実績がある会社です。培ってきたワークフローにより中間マージンを削減し、注文住宅を本体価格・設計諸経費・外構工事込みの総額1,760万円(税込)で建築しています(延床100㎡)。土地により付帯工事が必要ですが、それ以外は追加予算を気にせずに計画できます。

所在地 神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎南2-23-14

鬼塚工務店

鬼塚工務店公式HP
引用元HP:鬼塚工務店公式HP
(https://team-onizuka.com/)

鬼塚工務店はローコスト住を建築しながらも、必要なところにはお金をかけ地震に強くて気密性・断熱性を確保しています。広告費や販売促進費をかけていないので、不要な経費を削減できています。狭小変形地の家づくりを得意としているので、横浜に多い傾斜地や坂にも対応可能です。

所在地 神奈川県横浜市神奈川区松本町1丁目3番10号

横浜市の土地価格相場

横浜市青葉区 92.2 万円/坪
横浜市港北区 116.5万円/坪
横浜市都筑区 96万円/坪
横浜市中区 128.9万円/坪
横浜市神奈川区 110 万円/坪

知っておきたい横浜市のお役立ち情報

横浜市の支援制度や補助制度

横浜市では新築住宅に関する支援や助成は現在行っていません(2022年2月14日調査時点)。住まいづくりを検討している人への情報提供として、横浜市都筑区中川にあるハウススクエア横浜にて「住まいづくり体験館」を開館しています。映像や展示、イベントを通して家づくりに役立つポイントを抑えることが可能です。モデルルームや設備が展示されているので、使いやすいサイズや機能を選ぶのに役立つほか、優しい住まいを体験できます。

横浜市の住みやすさと魅力

横浜市は横浜駅があり、東京へのアクセスがしやすいエリアです。東京駅までは約23分前後で着き、池袋駅までアクセスする際も快速列車なら約37分で到着します。横浜市は交通の利便性が高いだけでなく、レジャースポットも充実。「横浜・八景島シーパラダイス」や「よこはまコスモワールド」のようなテーマパークから、全国のラーメンが集まる「新横浜ラーメン博物館」といったフードテーマパークもあります。ショッピングモールも「MARK IS みなとみらい」や「みなとみらい東急スクエア」があり、買い物に困る心配がありません。

ママ&パパ必見!横浜市×子育てのしやすさ

横浜市では子育て支援として、横浜子育てサポートシステムを実施しています。専任のコーディネーターが子どもを預かってほしい利用会員と、子育てをサポートしたい提供会員を繋いでいます。利用料金は平日の朝7時から夜7時までは1人1時間につき800円、それ以外の時間帯や土日祝は1人1時間900円の利用料が発生します(年末年始も休日料金)。

横浜市では、16名の待機児童が発生しています(2021年4月1日調査時点)。ただし、希望通りの保育所等を利用できていない人は2,842名に上り、うち1,435名が育休関連であると分かっています。横浜市では希望の保育所等に入園できないケースもあるため、横浜子育てサポートシステムなどを積極的に利用するのがおすすめです。

横浜市に住んでいる人の口コミ

交通の便が良くて東京方面に向かいやすい

交通の便も良く、東京方面・新宿方面に各々別のルートで短時間に行ける。マンションも急増し、昔ながらの風習などもありつつ、若い世代も溶け込み易い。気取ったところが無く普段着のまま暮らせます。子供の人数も右肩上がりです。

東京方面にも湘南方面にも近い立地で嬉しい

閑静な住宅街で落ち着いている。 都内にも湘南方面にもそこそこの時間で行ける中間地点で良いです。(都内からだと湘南方面には遠出と感じると聞きますので、気軽に湘南に足を伸ばせるのはいいです。)

ターミナル駅や商業施設が近くて利便性が高い

ターミナル駅の横浜に近いので、どこに行くにも時間がかからないところが良い。また、みなとみらいも(ちょっと頑張れば)徒歩圏内で行けるので、贅沢なお散歩気分を味わえる。

横浜駅やみなとみらいへの交通アクセスが良い

横浜駅やみなとみらいへの交通の便がとても良いこと。コスパが良く評判の良い飲食店がとても多く、休みの日に食べ歩きができ楽しかった。 また、図書館や大きな公園が近くにあり、散歩に行くのが楽しい。

まとめ

横浜市はレジャースポットが集中していて日常的な買い物はもちろん、休日のお出かけスポットにも困りません。子育て支援なども行っているので、子育て世帯からも人気があります。ローコスト住宅を建築するなら横浜市も検討してみてはいかがでしょうか。

神奈川でローコスト住宅が建てられるハウスビルダー

ローコスト住宅のバナー