沖縄市のローコスト住宅 ハウスビルダー

ここでは、沖縄県の沖縄市でローコスト住宅の施工を手がけている工務店・ハウスメーカーをご紹介しています。

沖縄県の沖縄市でローコスト住宅が建てられる
ハウスビルダー

ファミリーボックス

ファミリーボックス公式HP
引用元HP:ファミリーボックス公式HP
(https://yu-topia-sk.com/)

ファミリーボックスでなら、予算の範囲内で品質とデザイン性を両立させた住まいづくりができます。設計事務所に依頼するとコストがかかるという悩みに応えたプランを用意。設計事務所のクオリティを保ちながらも、セレクト型設計システムを盛り込むことでコストダウンを実現しています。

所在地 沖縄県名護市宇茂佐の森4-2-15

サイアスホーム

サイアスホーム公式HP
引用元HP:サイアスホーム公式HP
(https://www.saias-home.co.jp/)

サイアスホームは、明朗価格で家づくりを提案。住まいに必要なものは予め標準装備で付いていますが、一部の装備を除き、不要なものはパッケージから取り除いた提案も可能です。また、住宅設備は通常価格の15~60%オフで提供してくれるため、価格を抑えながらも充実した設備を導入できます。

所在地 沖縄県沖縄市字登川2671-1

イシカワ

イシカワ公式HP
引用元HP:イシカワ公式HP
(https://www.kk-ishikawa.com/)

イシカワは、月々5万円台の支払いで実現する自由設計の家を提案しているハウスビルダーです。コストパフォーマンスを追及することで、「良質住宅」シリーズは高性能・省エネ性の両方を兼ね備えながら、コストダウンさせることに成功しています。コストをおさえながら、耐震等級3・断熱等性能等級4・劣化対策等級3・維持管理対策等級3をクリアした住まいを実現可能です。

所在地 沖縄県沖縄市与儀3-15-1 新報ハウジングパークアワセベイ内(沖縄展示場)

みらいホーム

みらいホーム公式HP
引用元HP:みらいホーム公式HP
(https://www.mirai-home.net/)

みらいホームは、平屋建て15坪1,561.2万円から家を建築している木造住宅専門店です。建物本体予算には、省エネ基準ゼロ・エネルギー住宅の取得や、HEMS・太陽設備一式・ハイブリッド蓄電池の費用が含まれています。そのため、ZEH住宅を検討している方もローコストで建築でき、イニシャルコストとランニングコストともに抑えられるでしょう。

所在地 沖縄県八重瀬町宜次700

ベリーズ

ベリーズ公式HP
引用元HP:ベリーズ公式HP
(http://florence.berryshome.jp/okinawa-marumatsu/)

漆喰のかわいいお家をローコストで提案しているベリーズ。建物本体価格1,669万円から建築でき、無垢のフローリング・漆喰の塗り壁を使った体に優しい住まいに仕上げています。無垢フローリングには、ボルドーパインを採用。合板フローリングの2倍の厚さで寒さを感じにくく、一年中素足で床を歩けます。

所在地 沖縄県沖縄市美原1-6−5 レジデンス棚原2F

沖縄市の土地価格相場

沖縄市 34万円/坪

知っておきたい
沖縄市のお役立ち情報

沖縄市の支援制度や補助制度

沖縄市では、「沖縄市住宅用太陽光・省エネ設備設置補助金」を交付。これは、太陽光発電システム、並びにCO2冷媒ヒートポンプ給湯器を設置する際に助成される制度です。リース契約は対象外となっているので注意しましょう。

また、沖縄市では「雨水貯留浸透施設設置補助金」も交付しています。設置工事費用の5分の4相当の額、上限20万円まで助成される補助金です。申請は工事前に行いましょう。詳しくは、沖縄市の公式ホームページからご確認ください。

参照元:令和3年度沖縄市住宅用太陽光・省エネ設備設置補助金のご案内/沖縄市(https://www.city.okinawa.okinawa.jp/k017-002/chiikikankyou/kankyou/energy/332.html)

沖縄市の住みやすさと魅力

沖縄市は、1年を通して温暖な地域。冬でも10℃を下回る日はほとんどありません。また、旧盆明けの週末には「沖縄全島エイサーまつり」が開催されるといった、活気のある街です。伝統芸能を楽しめるのはもちろん、飲食店やサービス業も充実しているため、私生活で困る心配は少ないでしょう。

さらに、沖縄市には「ミュージックタウン音市場」があり、民謡・ロック・ジャズなど幅広い音楽が楽しまれています。休日のお出かけスポットも充実していて、趣味を満喫できる、音楽好きにはたまらない環境です。

ママ・パパ必見!
沖縄市×子育てのしやすさ

沖縄市の待機児童数は100名です(2022年3月10日調査時点)。沖縄市は、那覇市に次いで認可保育所等申込数が多く、5,609名の申込がありました。保育所等の申込数は増えており、今後も増加することを考えると、希望した保育園には入れない可能性が出てくるでしょう。

しかし、沖縄市ではファミリー・サポートを行っているので、保育所に入園できない場合でも子育てをサポートしてもらうことが可能です。買い物や病院に行きたい際などに、一時的に子育てを手伝ってもらえるようになっています。0歳から中学生までの子どもが主な対象ですが、18歳まで相談は可能です。

沖縄市に住んでいる人の口コミ

沖縄の雰囲気が良い

本土と比べて物価が少し安くて独特な時間が流れてるような感じがする。 仕事の都合で住む事になったが毎日が旅行者気分? 現地雇用の職員はアロハシャツが当たり前だし、ピリピリしていない沖縄の空気は好きです

活気があって良い

学校がすぐ近くにあって通学が楽だし、コザミュージックタウンもあってイベントをしていると家まで音が聞こえて自分達もいきたくなる。

住宅街は静かで良い

市内に巨大な公園があり、自転車や施設の貸し出しが可能。海岸があり、潮干狩りなどのイベントが行われることもある。チェーン店が多いものの、食事ができる店も多い。住宅街はあまり騒音がない。

買い物も便利で生活しやすい

比較的静かな住宅街で利便性が良く、買い物や役所、銀行など近くにあるので生活しやすい。学校も多数ある。

まとめ

沖縄市は、観光地としてイベントも多く、活気のある街。また、温暖なので一年を通して暮らしやすいエリアだといえます。ローコスト住宅を建築するなら、スーパーや飲食店が多く、お出かけスポットも充実した「音楽のまち」沖縄市も検討してみてくださいね。

沖縄県でローコスト住宅が建てられるハウスビルダー

広告スポンサー募集

ローコスト住宅をご検討のお客様に、貴社の魅力を伝えませんか?