つくばのローコスト住宅
ハウスビルダー

ここでは、茨城県のつくば市でローコスト住宅の施工を手がけている工務店・ハウスメーカーをご紹介しています。

茨城県のつくば市でローコスト住宅が建てられるハウスビルダー

ファミリア

ファミリア公式HP
引用元HP:ファミリア公式HP
(https://familia-group.co.jp/)

ファミリアでは、アジアンスタイルなどさまざまな特色を持つ平屋をお客様に提供。豊富なバリエーションを備え、しっかりニーズに対応できます。もちろん、いずれもローコストな価格となっており、経済的な点も特徴です。

ローコスト住宅のプラン紹介

平屋シリーズをメインとして扱っているファミリア。さまざまなプランがありますが、多くは1000万円台となります。

会社名 ファミリア株式会社
所在地 茨城県つくば市研究学園1-2-15 AJ-HILLS 2F
営業時間 9:00〜17:00
定休日 記載なし
プラン価格(参考) 1500万円〜

いばらきの家

いばらきの家公式HP
引用元HP:いばらきの家公式HP
(https://www.ibarakinoie.com/)

地元茨城県の風土に合わせた設計を信条としている「いばらきの家」では、30年以上前から地域適合型木造住宅を設計してきました。豊富な経験に裏打ちされたデザインと、お求めやすい価格設定が大きな強みと言えるでしょう。

ローコスト住宅のプラン紹介

いばらきの家では、3つの設計スタイルを用意しています。「凛」「深」なら、1000万円台で購入することもできるでしょう。

会社名 株式会社茨城県南木造住宅センター
所在地 茨城県つくば市研究学園 6 丁目 51-2 つくばハウジングパーク内
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜
プラン価格(参考) 1500万円〜

ノーブルホーム つくば展示場

ノーブルホーム つくば展示場公式HP
引用元HP:ノーブルホーム公式HP つくば展示場
(https://www.noblehome.co.jp/showroom_detail/tsukuba.html)

ノーブルホームではお客様の「上質で幸せな暮らし」実現に向け、最善と判断した住まいの提供を意識しています。用意するラインアップも高級住宅からローコスト住宅まで多岐に渡り、様々な求めに対応できる点が特徴です。

ローコスト住宅のプラン紹介

ノーブルホームでは、規格住宅のプランとして複数の選択肢を用意。「CANAEL」であれば、ローコストな1000万円台で購入可能です。

会社名 株式会社ノーブルホーム
所在地 茨城県つくば市研究学園5丁目20-3(C49街区3画地)
営業時間 記載なし
定休日 記載なし
プラン価格(参考) 1000万円〜

can wood

can wood公式HP
引用元HP:can wood公式HP
(https://canwood.net/)

『夢を、建てる』をコンセプトとするcan woodでは、お客様の安心を保証するため、さまざまなサービスを提供しています。もちろん、お客様が購入を決断しやすくするため、極力ローコストな価格での提案もしている点もポイントです。

ローコスト住宅のプラン紹介

can woodではデザイン注文住宅を商品として展開。平屋タイプなどの注文住宅を、1000万円台でお求め可能です。

会社名 can wood株式会社
所在地 茨城県つくば市天久保3-12-5 tela stella 1F
営業時間 10:00~18:00
定休日 水曜
プラン価格(参考) 1300万円〜

つくば市の土地価格相場

つくば市 12.2万円/坪

知っておきたいつくば市のお役立ち情報

つくば市の支援制度や補助制度

つくば市では、高いレベルの低炭素化推進設備を導入した建物を建築、または購入する場合に補助金を交付しています。つくばSMILeハウスレベル2では補助金10万円、つくばSMILeハウスレベル3では補助金20万円を支給しています。既に令和4年度分の受付は終了しており、補助制度の今後の動向についてはつくば市のホームページよりご確認ください。

また、つくば市では上述した低炭素ガイドラインに基づく認定補助金を受けていない人が、クリーンエネルギー機器を住宅に設置する場合に、補助金を交付しています。蓄電池の設置は5万円、燃料電池の設置は5万円を支給しています。ただし、つくば市から既に蓄電池・燃料電池に関する補助金を受けている場合には、補助金の支給対象外となるので気をつけましょう(2022年7月1日現在、申請受付中)。

つくば市の住みやすさと魅力

つくば市では、市中心から秋葉原まで約45分で到着する「つくばエクスプレス」が開通しています。都心までアクセスしやすいことから、ベッドタウンとして人気を博しています。つくば市は、いい部屋ネットの住みたい街ランキング2019年・2020年で1位を獲得。2021年にも3位を獲得しており、住みやすい街として注目を集めています。

大学や研究機関が多く、ショッピングモールやスーパーなども充実していることから、利便性に優れた子育て世代に優しい街です。また、自然が多く道路幅も広いため、車でスムーズに移動できるところも、市民から高評価を得ているポイントだといえます。

ママ&パパ必見!つくば市の子育てのしやすさ

つくば市の待機児童数は2021年時点で2名で(2021年4月1日調査時点)、年々減少しています。つくば市では都心までアクセスしやすいことから人口が急増したため、2020年10月1日時点では104名の待機児童が発生していました。

しかし、保育士施設を82カ所から91カ所まで増やし、待機児童問題の対策を講じたため、2021年4月時点で待機児童問題はほとんど解消されています。今後も共働き世帯の増加にともない、待機児童数が増える可能性はありますが、対策を強化しているので、子育てしやすい街だといえるでしょう。

つくば市に住んでいる人の口コミ

教育環境が良く、買い物もしやすい街

教育環境は最高ですし、市民度も高いです。最近閉めたようですが、TXつくば駅近くには西部デパートがあり、品物豊富なショッピングセンターもところどころにあるので、便利です。団地でしたが、新しい地区でも気取りすぎないでいられます(一部抜粋)。

緑豊かな公園もあり住みやすい

道路がしっかり整備されており、歩道、車道ともに広々としていて快適です。学園都市で非常に活気があり、緑豊かな公園もあって住みやすい街です。

引用元:スマイティ(https://sumaity.com/town/ibaraki/tsukuba/review/)

道路が広くて渋滞が起こりにくい

道路が広々としている事。余り渋滞も起こらず割とスムースに走れる。ただし道が広い分無茶な速度で走る車もたまに見かけるが全体的には安全運転だと思う。

引用元:スマイティ(https://sumaity.com/town/ibaraki/tsukuba/review/)

つくばエクスプレスで都心までアクセスしやすい

昔は高速バスで東京まで1時間半かかっていましたが、今ではつくばエキスプレスで秋葉原まで最速45分で行けます。十分に都心までの通勤圏内と言えるかと思います。つくば駅近辺にはスーパーも多いので普段のお買い物にも不自由しないと思います。

まとめ

つくば市はつくばエクスプレスの開業に伴い、都心まで交通アクセスが良くなったため、ベッドタウンとして人気を集めている街です。近年は待機児童問題にも力を入れており、2020年まで多かった待機児童も、2021年4月時点では2名まで減少しています。子育て世帯にもおすすめの街だといえるでしょう。

茨城県でローコスト住宅が建てられるハウスビルダー

広告スポンサー募集

ローコスト住宅をご検討のお客様に、貴社の魅力を伝えませんか?