logologo
ローコスト住宅研究メディア【ローケン】 » 北海道でローコスト住宅が建てられるハウスビルダー » 岩見沢のローコスト住宅
ハウスビルダー

岩見沢のローコスト住宅
ハウスビルダー

ここでは、北海道の岩見沢市でローコスト住宅の施工を手がけている工務店・ハウスメーカーをご紹介しています。

北海道の岩見沢市でローコスト住宅が建てられる
ハウスビルダー

ほっとハウス

ほっとハウス公式HP
引用元HP:ほっとハウス公式HP
(https://hottohouse.com/)

ほっとハウスは岩見沢市・江別市でローコスト住宅を手掛けている建設会社です。広告費や出展などの営業コストをカットし、メーカー品を共同で仕入れることでコスパの向上を実現。コストの効率化を徹底した家づくりで適正価格を提案してくれます。

所在地 北海道岩見沢市6条西1-1 プラザ豊優1階

山本建業

山本建業公式HP
引用元HP:山本建業公式HP
(https://www.yamamotokengyo.co.jp/)

昭和54年から岩見沢で営業を続ける地域密着型の工務店です。工務店ならではのきめ細かいサービスと、専門家による丁寧なヒアリングによって、住む人の要望とライフスタイルをかなえる理想のマイホームを実現します。

所在地 北海道岩見沢市北村赤川586-68

佐藤工務店

佐藤工務店公式HP
引用元HP:佐藤工務店公式HP
(https://www.satoh-21.com/)

美唄市で新築やリフォームなど、様々な建設事業を手掛けている会社です。建築に使用する構造パネル・構造材は、すべて自社で製作・運搬して組み立てており、リーズナブルかつスピーディーな家づくりを提供してくれます。

所在地 北海道美唄市大通東1条南5-1-23

ゆきだるまのお家

ゆきだるまのお家公式HP
引用元HP:ゆきだるまのお家公式HP
(https://yukidaruma.org/)

札幌市で建築事業を中心に営む地域密着の会社です。税込み785万円というリーズナブル価格のローコスト住宅や、予算を2,000万円以内に抑えられる家族向けプランなど、世帯持ちの需要に沿った住まいプランを選択できます。

所在地 北海道札幌市東区中沼町33

ワンズホーム

ワンズホーム公式HP
引用元HP:ワンズホーム公式HP
(https://www.oneshome-hamamatsu.jp/)

札幌を始め岩見沢・江別・北広島など、北海道各エリアに支店を置いて事業を展開している会社です。コンパクトかつシンプルなデザイン設計の家づくりが特徴で、北海道でも健やかに暮らせる快適なローコスト住宅を提供します。

所在地 北海道三笠市岡山359-1

岩見沢の土地価格相場

岩見沢市 2.3 万円/坪

知っておきたい岩見沢の
お役立ち情報

岩見沢の支援制度や補助制度

岩見沢市では、市内への移住・転入促進活動に対して精力的に取り組んでいます。代表的な支援を挙げると、50歳未満の転入者を対象に住宅購入資金を助成する「住宅購入支援助成金」、市内での生活を体験できる「お試し暮らし」などがあります。

また、東京23区から移住し特定のマッチングサイトを通して就職した場合、支給金を受け取れる「UIJターン促進支援事業」なども行っています。補助・支援の条件などをしっかりと調べて、お金のかかる引っ越しに役立てましょう。

岩見沢の住みやすさと魅力

岩見沢市は各種小売店が充実している他、スポーツ施設や温泉施設といった商業施設も揃っています。ターミナルや商店街もあり生活する上での不便もなく、適度に田舎の空気を楽しめる町並みです。

市内の交通に関しては、高速道路があるため車中心であれば不便はありませんが、バスの本数はさほど多くありません。ただし、岩見沢市は中心部に近いため電車の便はよく、JR路線を通って道内各地に行けます。

ママ・パパ必見!岩見沢×子育てのしやすさ

岩見沢市の待機児童数は、2021年4月1日の時点で0人となっています。(2022年1月28日時点の情報)保育所等定員充足率は100%以上で、保育・教育に力を入れていることがわかります。

子育てへの支援も行っており、家事・育児が困難な子育て家庭にヘルパーを20回まで無料派遣する「産前産後ヘルパー」、子供の入院・通院に医療費の無料化を実施する「子どもの医療費用の助成」などの補助制度があります。

岩見沢に住んでいる人の口コミ

小売店が多く、物資の利便性に関しては十分

コンビニ、各種小売店が近隣に有るので物資に関して利便性は十分と思える。それでいて、都会のような喧騒とは程遠いので、騒音などもなく静閑としている町は過ごしやすい。

休憩所が多く、子供からお年寄りまで住みやすい街

デパート内やターミナル、商店街各所のイスなど休める所が多く、薬局やスーパー、コンビニも充実しているので子供からお年寄りまで住みやすい街。自然がたくさんありながらも電車1本で用事が済ませられる。(後略)

交通手段は便利で、札幌にも移動できる

交通手段がほかの町に比べて便利です。もともと住んでいた場所がすごく田舎だったので、比べてみるとJRやバスの本数もすごく有難いです。札幌までもかなりたくさん本数があります。

必要最低限の商用施設は
揃っている

各学校や病院、イオンやダイエー、ユニクロやツルハドラッグ、TSUTAYAやガソリンスタンドなど、最低限生活に必要な施設は十分揃っています。昔ながらの個人商店や地元で有名な洋菓子店もあり、住みやすいかなと思います。

まとめ

岩見沢市のメリットは、JR路線・交通道路がありアクセスが良好なこと、そして商業施設が多く物資に困らないこと。生活上での不便は少なく、程よい田舎の環境が整っています。都心部ほどの便利さはありませんが、住みやすいエリアと言って良いでしょう。

北海道でローコスト住宅が建てられる
ハウスビルダー

ローコスト住宅のバナー