logologo
ローコスト住宅研究メディア【ローケン】 » 愛知でローコスト住宅が建てられるハウスビルダー

愛知でローコスト住宅が建てられるハウスビルダー

愛知のエリア別にローコスト住宅の施工を手がけている工務店・ハウスメーカーをまとめています。家を建てたいエリアにどんな会社があるのか、ぜひチェックしてみてくださいね。

愛知のローコスト住宅
ハウスビルダー

愛知県は太平洋岸気候区で夏は高温・多雨になり、冬は晴れが続いて乾燥しやすいエリアです。一年を通して温暖な気候ですが、山間部では冬に厳しい寒さに見舞われます。ここでは、愛知県のエリアごとに、1,000万円台前後から家が建てられるハウスビルダーをまとめています。

名古屋市

名古屋市内でローコスト住宅が建てられる
ハウスビルダーをチェック

豊橋市

豊橋市内でローコスト住宅が建てられる
ハウスビルダーをチェック

岡崎市

岡崎市内でローコスト住宅が建てられる
ハウスビルダーをチェック

半田市

半田市内でローコスト住宅が建てられる
ハウスビルダーをチェック

愛知の気候、風土と家づくり

ここでは、愛知県の気候や風土と、家づくりで気をつけたいポイントを解説しています。愛知県内でローコスト住宅を建築するなら以下の点を踏まえて家づくりをしましょう。

夏に高温・多雨になるので湿気対策がマスト

愛知県は夏に降雨量が多くなり、高温・多湿になるため、湿度対策が重要です。家の気密性を高めて温度を一定に保てるようにし、漆喰などの建材を用いて調湿しましょう。漆喰や天然乾燥材、無垢材といった自然素材を多く使用するとが調湿作用を引き出しやすくなるでしょう。

日射が強くなるから窓の位置に気をつける

愛知県では夏場に強い日射で30℃を超えることもあるため、夏の日差しを遮る家づくりが大切です。夏場の高い日差しをカットして、冬の低い日差しを取り入れる窓の配置を採用しましょう。断熱材だけでは外気温による影響を完全には避けられないので、屋根に遮熱材を用いてできる限り外気温の影響を受けない環境を整えるのがおすすめです。

秋から冬は乾燥するので室内干しで湿度をアップ

愛知県では多雨な夏季とは異なり、秋から冬にかけては晴天が続きます。降雨量が少なくなり、乾燥しやすくなるので注意が必要です。室内干しスペースを設けたり、漆喰の塗り壁を採用したりして、湿気を上手く取り入れましょう。特に、新築住宅は乾燥しやすいといわれているため、調湿効果を期待できる建材を使用したいところです。

山間部は寒さに備えた断熱性・気密性の高い住まいを

愛知県は黒潮により温暖な地域が多いですが、山間部では季節風の影響で冷涼となり、降雪がある地域もあります。山間部では寒さ対策も必要となります。断熱性・気密性を高めたり、全館空調や床暖房を採用したりして、寒暖差の少ない家づくりを目指すことが大事。ヒートショックを防ぎましょう。夏場と冬場の温度差を少なくしつつも、光熱費を抑えたい場合は、ZEH住宅にして自家発電するのも一つの手です。

参照元:あいちのあらまし(位置・地勢と気候・人口)/愛知県(https://www.pref.aichi.jp/soshiki/koho/0000007686.html)

ローコスト住宅のバナー