logologo
ローコスト住宅研究メディア【ローケン】 » 東京でローコスト住宅が建てられるハウスビルダー

東京でローコスト住宅が
建てられるハウスビルダー

東京のエリア別にローコスト住宅の施工を手がけている工務店・ハウスメーカーをまとめています。家を建てたいエリアにどんな会社があるのか、ぜひチェックしてみてくださいね。

東京のローコスト住宅
ハウスビルダー

太平洋側気候を主な特徴としつつも都市ならではのヒートアイランド現象や地盤の問題などにも考慮して家づくりを行いたいのが、東京です。土地の価格が地方に比べて高いため、予算内で建てるには、いかに建物の建築費用を抑えられるかが重要なポイントとなるでしょう。ここでは東京都のエリア別に1,000万円台から建てられる工務店やハウスメーカーを紹介します。

世田谷区

世田谷区内でローコスト住宅が
建てられるハウスビルダーをチェック

練馬区

練馬区内でローコスト住宅が
建てられるハウスビルダーをチェック

大田区

大田区内でローコスト住宅が
建てられるハウスビルダーをチェック

足立区

足立区内でローコスト住宅が
建てられるハウスビルダーをチェック

八王子市

八王子市内でローコスト住宅が
建てられるハウスビルダーをチェック

町田市

町田市内でローコスト住宅が
建てられるハウスビルダーをチェック

東京都の気候、風土と家づくり

東京都は面積こそ小さいながら、標高2,000m以上の山もあれば、小笠原諸島をはじめとする亜熱帯の島々もあります。そのため気候や風土を一概に説明することは難しいのですが、本土に限れば、夏は高温多湿、冬は寒く乾燥しているといった一般的な太平洋側気候といえるでしょう。特に内陸部では高温になりやすく、雷雨も起こりやすいため夏はジメジメしやすいことが特徴です。

東京の場合、地方のようにエリアごとの気候特性だけでなく、都市特有の気候現象も加味する必要があります。代表的なものは、ヒートアイランド現象です。緑が少なく地面がコンクリートやアスファルトに覆われている都市部では、日中の太陽からの熱を溜め込む性質があり、それによって夜の気温低下を妨げ、熱帯夜などを引き起こします。また、高層ビルの多いエリアでは強風が吹いたり、日光を遮ったりしてしまう問題もあります。

このことから、東京都で家づくりを行う際は土地選びが重要なポイントとなるでしょう。降雨量や地震も多い地域のため、地盤についてもよく確認しておく必要があります。

また、東京は土地の値段が高いことも大きな特徴です。都市部やおしゃれで人気のある街に行けば行くほど土地の値段も上がるため、予算内で建てるには建物の値段を抑える工夫が重要です。当サイトでは東京で1,000万円台から対応してくれる工務店やハウスビルダーをいくつかピックアップして紹介しています。東京でマイホーム建築を検討しているご家族は、ぜひ上記の気になるエリアからチェックしてみてくださいね。

ローコスト住宅のバナー