logologo
ローコスト住宅研究メディア【ローケン】 » 福岡でローコスト住宅が建てられるハウスビルダー

福岡でローコスト住宅が建てられるハウスビルダー

福岡のエリア別にローコスト住宅の施工を手がけている工務店・ハウスメーカーをまとめています。家を建てたいエリアにどんな会社があるのか、ぜひチェックしてみてくださいね。

福岡のローコスト住宅
ハウスビルダー

福岡県は温帯性気候で、一年を通して温暖な地域です。山間部では冬季に積雪がありますが、都市部ではほぼ積もらないため、暮らしやすいエリアだといえます。ここでは、福岡県のエリアごとに、1,000万円台前後から家が建てられるハウスビルダーをまとめています。

北九州市

北九州市内でローコスト住宅が建てられる
ハウスビルダーをチェック

久留米市

久留米市内でローコスト住宅が建てられる
ハウスビルダーをチェック

大牟田市

大牟田市内でローコスト住宅が建てられる
ハウスビルダーをチェック

筑後市

筑後市内でローコスト住宅が建てられる
ハウスビルダーをチェック

福岡の気候、風土と家づくり

ここでは、福岡県の気候や風土と、家づくりで気をつけたいポイントを解説しています。福岡県内でローコスト住宅を建築するなら以下の点を踏まえて家づくりをしましょう。

季節風の影響を考えて気密性・断熱性を高める

福岡県は温暖な気候ですが、福岡市や北九州市では冬季に季節風が吹き付ける影響で冷え込むため、寒さ対策が必要です。気密性・断熱性を高めて、暖房効率をアップしましょう。全館空調を取り入れると、部屋間の温度差を少なくでき、ヒートショック対策にもなります。

降水量が多くなる夏季に向けて調湿効果のある建材を使用

福岡県では、梅雨から夏季にかけて降水量が多くなります。降水量が多くなる季節は多湿になり、家の中がジメジメしがち。調湿効果のある漆喰や木材を使用して、湿度を調整できる住まいづくりをしましょう。また、降水量が多い季節は外干しができなくなるので、室内干しスペースを設けておくと便利です。

日照時間が多いことを活かして太陽光パネルを設置

福岡県は日照時間が少ないといわれる日本海側に位置しますが、日照時間が多いエリアとなっています。日照時間の多さを活かして、ZEH住宅にするのも一つの手です。ローコスト住宅を建てる際に考えなければならないのは、住宅ローンと光熱費を含めたトータルの支出額。太陽光発電システムを搭載すれば、日照時間が多い季節は光熱費を抑えられます。

温暖な気候だからこそ湿気にも目を向けること

福岡県でローコスト住宅を建てるなら、コストを抑えやすい木造住宅を検討するのも一つの手です。木材を使用することで、断熱性・調湿性を高められます。夏は暑さを軽減し、冬は適度に温度を保ってくれて一年を通して快適に過ごせるでしょう。居心地の良い家はより愛着を強くしてくれるはずです。コストを抑えることも大切ですが、住む人の健康を考えた家づくりも大事なポイントです。

参照元:福岡市の特性について/福岡市(https://www.city.fukuoka.lg.jp/data/open/cnt/3/31453/1/hukuokasinotokuseinituite.pdf?20180416152143)

ローコスト住宅のバナー