logologo
ローコスト住宅研究メディア【ローケン】 » 栃木でローコスト住宅が建てられるハウスビルダー

栃木でローコスト住宅が
建てられるハウスビルダー

栃木のエリア別にローコスト住宅の施工を手がけている工務店・ハウスメーカーをまとめています。家を建てたいエリアにどんな会社があるのか、ぜひチェックしてみてくださいね。

栃木のローコスト住宅
ハウスビルダー

栃木県は大部分が太平洋岸気候、北部の山地は日本海岸気候となっており、年間の平均気温の差が大きいです。平地と山地では5度ほどの開きがあるほか、冬は放射冷却の影響で朝は寒く、気温の差が激しくなるのも栃木県の特徴です。栃木県のエリアごとに、1,000万円台前後で新築できるハウスビルダーをまとめました。

栃木市

栃木市内でローコスト住宅が
建てられるハウスビルダーをチェック

宇都宮市

宇都宮市内でローコスト住宅が
建てられるハウスビルダーをチェック

足利市

足利市内でローコスト住宅が
建てられるハウスビルダーをチェック

栃木の気候、風土と家づくり

栃木県は土地柄、太平洋岸気候区分と北部や北西部の山地における日本海岸気候区分との分かれている特徴があります。年間の平均気温を見ると、平地では12度から14度ほどと比較的温かいですが、北部地方の山地では7度から9度ほどと寒くなります。冬は放射冷却の影響で朝の最低気温が下がり冷え込み、冬場では気温の差が10度から14度ほどと大きくなるなど、寒暖差があります。

また、降水量は北部の山地で多くなり、梅雨時よりも8月から9月の方が多くなります。南風の影響で夏は高温多湿、激しい雷の日も多く、冬は北西からの強い季節風と乾燥している日が多いといえます。

こうした気候の特徴を考えると、家づくりをするにあたっては、気密性と断熱性、風と雨の対策に優れたものにすることがポイントといえるでしょう。県内全域に共通して夏は雨が多く、冬は雨が少ない。冬の冷たい乾燥した強風と年間を通じて日照時間が長いことも注目したい点です。また、県の中央に位置する宇都宮市などでは、夏は雷や真夏日が多く、朝晩は涼しい特徴もあります。さらに、足利市など県境方面では、夏は猛暑日になること、冬はやはり冷え込むことなどを考えると、窓を多くして冬の日照時間を活かす家づくりも考えたいところです。日光を室内に採り入れることで、天然の暖房として熱を家に取り込めます。

加えて、雨や風に強い家づくりと寒暖差対策を考慮した設計は欠かせません。家の頑丈さとデザインやオリジナリティをバランスよく取り入れたマイホームづくりをハウスビルダーの担当者と目指しましょう。

ローコスト住宅のバナー