logologo
ローコスト住宅研究メディア【ローケン】 » ローコスト住宅の施工事例

ローコスト住宅の施工例

ここでは、ローコスト住宅の施工事例を5パターン紹介していきます。それぞれ、本体価格2,000万円台・1,000万円台・500~1,000万円と価格帯別にまとめています。

また、平屋のローコスト住宅の施工事例も掲載しているので、平屋住宅を建築したい方も必見です。価格によってどのような違いがあるのかを解説しているので、ローコスト住宅を建築予定の方は参考にしてください。

2000万円台のローコスト住宅

本体価格が2,000万円台になると、ローコスト住宅でもデザイン性の高い外観や内装にすることが可能です。たとえば、レンガ風の外観に仕上げたり、玄関ポーチをアーチ型にしたりと遊び心あるデザインを採用できます。

平屋と2階建てを組み合せたローコスト住宅を建てている人もいます。2,000万円台になると、一部に自然素材を使ったり、お気に入りの設備を導入したりと、ある程度自由度が高まるでしょう。

1000万円台のローコスト住宅

本体価格1,000万円で建てるローコスト住宅は、2,000万円台のローコスト住宅と異なり、予算の都合で玄関を奥に配置するのは難しくなります。ただ、ベランダを取り付けたり、屋上部分を有効活用したりと、プラスアルファの要素を加えられます。

選ぶデザイン次第では、ローコスト住宅に見えない住まいに仕上げられるでしょう。1,000万円台のローコスト住宅の中には企画住宅である程度プランを狭めることで、高品質な設備を標準装備にしているところもあります。

500~1000万円のローコスト住宅

500~1,000万円のローコスト住宅は、夫婦2人暮らしなど、少人数世帯向けの間取りが多くなっています。玄関スペースを狭くすると、居住スペースを広く取ることができます。コンパクトなつくりなので動線が短くなり、将来を見据えた住まいに仕上げられるでしょう。

ハウスビルダーによっては、500~1,000万円の価格帯でもベランダなどが標準装備になっているところもあります。首都圏など地価が高騰している地域での住宅建築を諦めている方は、超ローコスト住宅を建てて総額費用を抑えるのも手です。

平屋のローコスト住宅

平屋のローコスト住宅は、太陽光発電システムをのせやすいため、エコな暮らしを実現できます。売電や自家消費により、光熱費をぐっと抑えられます。また、平屋でも天井高を高くすれば、小屋裏収納をつけられるため、収納スペースも十分に確保できるでしょう。

平屋のローコスト住宅は施工面積の関係上、3人暮らしや夫婦2人暮らしなど、少人数の世帯に向いています。間取りやデザインを工夫すれば、平屋住宅でも安く建築できます。

ローコスト住宅のバナー