logologo
ローコスト住宅研究メディア【ローケン】 » 大分でローコスト住宅が建てられるハウスビルダー

大分でローコスト住宅が建てられるハウスビルダー

大分県のエリア別にローコスト住宅の施工を手がけている工務店・ハウスメーカーをまとめています。家を建てたいエリアにどんな会社があるのか、ぜひチェックしてみてくださいね。

大分県のローコスト住宅ハウスビルダー

北部・中部・西部・南部と大きく4つに分かれたエリアごとに、気候の特性が異なる大分県。瀬戸内海気候区に属すいっぽう、冬は曇りの日が多い北部、逆に冬場に穏やかな天気になりやすい中部、夏場に雷雨の影響を受けやすく、秋冬に「日田の盆地霧」と呼ばれる美しい濃霧が発生する西部、県内で最も温暖でありながら、夏場は雨が多い南部とそれぞれに強い個性があります。

ここではそんな大分県について、ローコスト住宅を建てられるハウスビルダーをまとめました。

大分市

大分県の中心となる市街地として、ショッピングモールや学校、美術館、医療施設、スポーツ施設などが充実している大分市。しかし、20の山地と2本の1級河川を誇ることから、公園も豊富で自然豊かな空気が味わえる場所でもあります。

駅や高速道路のインターチェンジなど、市外への交通アクセスに優れているのはもちろん、船を利用できる港も2か所あるため、利便性も高し。オンラインを利用した画期的な子育て支援も行われており、ファミリー世帯にもおすすめのエリアです。

大分市内でローコスト住宅が建てられる
ハウスビルダーをチェック

別府市

温泉街を中心に、ノスタルジックな街並みが魅力の別府市。水族館や地獄めぐりなどの観光地にも恵まれ、味わい深い場所として地元民にも愛されています。その反面、大分市に次いで人口第2位の都市でもあるので、飲食店や日常的な買い物スポットなども豊富。

駐車場が設置されている施設が多いため、車での移動に便利との声も多いようです。観光客向けのみならず、地元民向けの温泉もあるそうですから、住み始めたらぜひ日々の疲れを癒しに出かけたいですね。

別府市内でローコスト住宅が建てられる
ハウスビルダーをチェック

大分県の気候、風土と家づくり

大分県は前述した通り住む場所にとってかなり気候の特徴が異なるため、ローコスト住宅を建てる際にはその土地の風土をしっかりと確認した上で、必要な性能を見極めなければなりません。曇りが多ければ採光にこだわりたいところですし、台風や雨の影響を受けやすい地域なら耐風性や浸水対策が必須。高温多湿であれば断熱性や気密性を追求し、風通しも考慮しながら1年間を通して過ごしやすい家づくりを行うのがポイントです。

特に地域密着型のハウスメーカーや、その地域に支店を置くハウスメーカーは特性を理解している可能性が高いですから、打ち合わせではしっかり相談してみましょう。調湿効果の高い無垢材を用いた木の家も、昨今人気のスタイルです。

ローコスト住宅のバナー