logologo
ローコスト住宅研究メディア【ローケン】 » 北海道でローコスト住宅が建てられるハウスビルダー

北海道でローコスト住宅が
建てられるハウスビルダー

北海道でデザイン住宅が建てられる工務店を施工事例とともにまとめています。気になる事例があれば、ぜひチェックしてみてくださいね。

北海道のローコスト住宅
ハウスビルダー

札幌市

北海道の主要都市となるエリアで、商店・学校・交通など様々な商業施設や公共機関が密集しています。北海道の中枢として機能する主要都市であり、道内外から多くの人々が集まる商業都市でもあります。

札幌市内でローコスト住宅が建てられる
ハウスビルダーをチェック

旭川市

北海道の中心部に位置するエリアです。北海道エリア各地に交通路が繋がっており、空路として「旭川空港」があります。内陸部ながら、川や山などの自然に囲まれ、市内には公園が点在しています。

旭川市内でローコスト住宅が建てられる
ハウスビルダーをチェック

函館市

函館市は、北海道有数の観光都市として有名なエリアです。雄大な自然を見渡せるロープウェイに、時代を感じるレトロな建造物など、観光客だけでなく地元民をも楽しませる独特の雰囲気を持った街です。

函館市内でローコスト住宅が建てられる
ハウスビルダーをチェック

帯広市

北海道中等部に位置するエリアです。「十勝」の地名で知られる開拓地で、北海道の飲食業と農林漁業を担っています。ゆえに生活環境も申し分なく、不自由のない平和な暮らしができる穏やかな田舎街です。

帯広市内でローコスト住宅が建てられる
ハウスビルダーをチェック

北見市

北海道東部に位置する都市です。オホーツク海沿岸に面し、観光産業・水産産業などで賑わっています。半分都会、半分田舎の丁度よい生活環境が広がっており、道内の中でも住みやすいエリアです。

北見市内でローコスト住宅が建てられる
ハウスビルダーをチェック

室蘭市

北海道南部に位置し、本州とも海路で繋がる工場都市です。陸路・海路・空路の全交通機関が揃っており、道内の中でもアクセス面は良好。観光都市としても有名で、夜には美しい景色を拝むことが出来ます。

室蘭市内でローコスト住宅が建てられる
ハウスビルダーをチェック

苫小牧市

北海道南部―札幌市の下側に位置するエリアです。道内最大の漁港都市であり、北海道の玄関口の一つとしても機能しています。ベッドタウンとしても機能しているため、静かで不自由のない住みよい街です。

苫小牧市内でローコスト住宅が
建てられる
ハウスビルダーをチェック

釧路市

北海道西南にある道東の中心都市です。北海道における玄関口の一つであり、外交関係の行政機関も置かれています。南部にあるため、夏は暖かく冬は涼しく、安定した気候の中で暮らせるエリアです。

釧路市内でローコスト住宅が建てられる
ハウスビルダーをチェック

岩見沢市

北海道中部に位置する都市の一つです。東北における農業の要で、行政・教育などの主要機能も担っています。都市ほどの賑わいはありませんが、程よい田舎の空気に包まれた穏やかな生活エリアです。

岩見沢市内でローコスト住宅が
建てられる
ハウスビルダーをチェック

江別市

北海道における「空の玄関口」として有名な都市です。交通機関が整っており、市内外へのアクセスも良好。学校などの教育機関も多く、治安も良いため、子どもも安心してのびのび暮らせる平和なエリアです。

江別市内でローコスト住宅が建てられる
ハウスビルダーをチェック

小樽市

北海道北西の石狩湾に面しており、海や運河などの美しい自然スポットに囲まれたエリアです。工芸・酒造など古くからの伝統を引き継いできた都市で、漁業や観光業や発展とともに歩んできた歴史があります。

小樽市内でローコスト住宅が建てられる
ハウスビルダーをチェック

北海道の気候、風土と家づくり

北海道は日本の主要四島のうち最北端に位置している島です。島の面積は83,450㎢と広大で、日本(列島)のおよそ2割を占めています。

北海道の特徴はなんと言っても北国故の厳しい寒さで、気候や風土は地域ごとで異なりますが、いずれのエリアも「平均気温が低く、積雪量が多い」という点はほぼ共通しています。冬期は激しい風雪に襲われ、冬の平均気温は「摂氏マイナス3.1度」まで低下します。この寒さを凌ぐためにも、屋内は暖かい環境を保たなければなりません。

そのため、北海道では高断熱・高気密の住宅が好まれます。屋内の暖房設備は、エアコンよりも灯油ストーブやセントラルヒーティングが用いられます。これは、寒冷地である北海道の猛暑は快適で、冷房があまり必要ないためです。しかし、暖房の常用は温度差による結露の原因になるため、温度・湿度を調節する空調換気システムを導入する住宅も増えています。

また、北海道では寒さだけでなく積雪への対策も考えなくてはなりません。屋根の勾配をきつくして雪を滑り落ちるようにする、敢えて平らにして溶けやすくするなど、環境に合わせた工夫をする必要があります。このように、北海道という極寒の地で生活するには、数々の設備・設計が必要になります。ローコストを目指すのであれば、「どこで妥協するのか」が大事になってくるのです。

ローコスト住宅のバナー